簿記検定試験情報
  日商
(142回)
全経
(181回)
全商
(81回)
全産
(第98回)
名称 日商簿記検定 簿記能力検定 簿記実務検定 簿記能力認定
試験
日程
平成28年2月28日(日)
[2級〜4級]
平成28年2月21日(日)
[上,1,2,3,4級]
平成28年1月24日(日)
[1級〜3級]
平成28年3月6日
願書受付期間各都道府県の商工会議所によって異なります。お問い合わせください 平成27年9月28日(月)〜10月26日(月) 平成27年10月23日(金)〜11月4日(水) 実施する会場ごとに異なる。
受験手数料 1級:7,710円
2級:4,630円
3級:2,570円
4級:1,640円
上級:7,500円
1級会計:2,200円
1級工簿:2,200円
2級:1,700円
3級:1,400円
4級:1,200円
1級:1,000円
2級:1,000円
3級:1,000円
1級:2,000円
2級:1,500円
3級:1,500円

Sponsored Link
資格seek TOP > 簿記seek TOP > 簿記とは > 全経簿記,簿記能力検定試験とは
◆全経簿記,簿記能力検定試験とは

全経簿記は上級から4級まであります。
全国経理教育協会が主催し、専門学校生が多く受験する試験として知られています。

日商簿記試験ほどではありませんが、毎年2万から3万人が受験します。


◆全国経理教育協会による全経簿記(簿記能力検定試験)

●各級のレベル

  • 上級商業簿記会計学工業簿記及び原価計算について高度な知識を有し、併せて複雑な実務処理能力を有する。
  • 1級:商企業及び工企業における経理責任者として必要な商業簿記及び工業簿記に関する知識を有し、かつ高度な実務処理ができる。
  • 2級:個人企業及び法人企業の経理担当者又は経理事務員として必要な商業簿記に関する知識を有し、かつ実務処理ができる。
  • 3級:個人企業における経理担当者又は経理補助者として必要な商業簿記に関する知識を有し、かつ簡易な実務処理ができる。
  • 4級:商業簿記の基礎的な知識を有し、かつ初歩的な実務処理ができる。
参照:全国経理教育協会

全経簿記も、日商簿記同様3級からの受験が多いようです。

難易度は日商簿記と比較すると合格率はかなり高めでやさしめのようです。


2級、3級は商業簿記のみで、1級は商業簿記に加え工業簿記が出題されます。

上級になると、商業簿記、工業簿記に加え、会計学と原価計算が出題されます。
各科目の得点が40点以上で全4科目の合計得点が280点以上で合格となります。

日商簿記1級と全経簿記上級が同程度の水準と考えていいでしょう。
(ですが、日商簿記1級の方が合格率は低めです。)

上級に合格すると日商簿記1級同様税理士試験の受験資格が与えられます。

全国の簿記検定試験講座、専門学校をまとめて資料を請求できて、比較検討できます!

日商簿記検定試験講座を一括で表示する

Sponsored Link

サイトマップ

資格の大原 簿記講座
【資格の大原】
簿記検定合格を目指すなら

経理の転職者向け求人情報