簿記検定試験情報
  日商
(142回)
全経
(181回)
全商
(81回)
全産
(第98回)
名称 日商簿記検定 簿記能力検定 簿記実務検定 簿記能力認定
試験
日程
平成28年2月28日(日)
[2級〜4級]
平成28年2月21日(日)
[上,1,2,3,4級]
平成28年1月24日(日)
[1級〜3級]
平成28年3月6日
願書受付期間各都道府県の商工会議所によって異なります。お問い合わせください 平成27年9月28日(月)〜10月26日(月) 平成27年10月23日(金)〜11月4日(水) 実施する会場ごとに異なる。
受験手数料 1級:7,710円
2級:4,630円
3級:2,570円
4級:1,640円
上級:7,500円
1級会計:2,200円
1級工簿:2,200円
2級:1,700円
3級:1,400円
4級:1,200円
1級:1,000円
2級:1,000円
3級:1,000円
1級:2,000円
2級:1,500円
3級:1,500円

Sponsored Link
資格seek TOP > 簿記seek TOP > 簿記講座・専門学校比較ランキング一覧 > 質問などのサポート体制が充実している資格学校・講座比較
◆質問などのサポート体制が充実している資格学校・講座比較

通学でもそうですが、特に通信教育ですと、サポート体制が大事になってきます。

気軽にいつでも質問ができて、すく返答があるのか。
その手段(電話、メール、FAX、ウェブなど)の選択肢は多彩なのか。

ほかにも、他の資格学校からLECに入りなおしたい場合の「スイッチ入学制度」
自分にどんな資格・仕事が合ってるのか知りたい「LEC適性診断サービス」
欠席した場合の「欠席フォロー制度」
通学に最適、重い教材があっても大丈夫「ロッカー貸出し」
などなどバックアップサポート体制も充実しています。

講師が職員室に常駐しているので、質問があればいつでもでき、
疑問点はすぐ解決することができます

すぐに質問ができるというのが一番のポイントでしょう。

しかもマンツーマンで個別指導を行ってくれます。

学習を進めていく上で疑問はつきもの。 困ったとき、解らない時はベテラン講師があなたの質問に答えてくれます。

TACが大手なだけに質問体制は充実しているのは言うまでも無く、一回聞いても授業内容がわからなかった場合に重複受講制度を利用すれば、もう一度講義にでることができます。

なんといってもニュートンの最大のサポート言ったら「合格保証制度」でしょう。

TLTソフトを最後まで受講し、合格点間違いなしとプログラムが判断した場合でもし、不合格になった場合、全額返金してくれます。

通信生でもスクーリングにより、弱点補強ができ、カウンセリングも受けれます。

個別のカウンセリングや、電話、メールなど質問体制、不合格になっても次年度の受講料を優遇してくれる制度などサポートが充実しています。

全国の簿記検定試験講座、専門学校をまとめて資料を請求できて、比較検討できます!

日商簿記検定試験講座を一括で表示する

Sponsored Link

サイトマップ

資格の大原 簿記講座
【資格の大原】
簿記検定合格を目指すなら

経理の転職者向け求人情報