簿記検定試験情報
  日商
(142回)
全経
(181回)
全商
(81回)
全産
(第98回)
名称 日商簿記検定 簿記能力検定 簿記実務検定 簿記能力認定
試験
日程
平成28年2月28日(日)
[2級〜4級]
平成28年2月21日(日)
[上,1,2,3,4級]
平成28年1月24日(日)
[1級〜3級]
平成28年3月6日
願書受付期間各都道府県の商工会議所によって異なります。お問い合わせください 平成27年9月28日(月)〜10月26日(月) 平成27年10月23日(金)〜11月4日(水) 実施する会場ごとに異なる。
受験手数料 1級:7,710円
2級:4,630円
3級:2,570円
4級:1,640円
上級:7,500円
1級会計:2,200円
1級工簿:2,200円
2級:1,700円
3級:1,400円
4級:1,200円
1級:1,000円
2級:1,000円
3級:1,000円
1級:2,000円
2級:1,500円
3級:1,500円

Sponsored Link
◆資格の大原
大手資格学校

http://www.o-hara.ac.jp/

◆専任教員

大手資格学校にもかかわらず、専任講師体制で講師との距離が近く、
会計士や税理士資格において実績を残している大原ですが、
その基礎である簿記においてもそのノウハウや経験は生かされており、
簿記試験でも万全の対策で合格レベルまで引き上げることができます。


1級まで合格すれば、大原で大きな実績をあげている公認会計士試験や税理士試験にスムーズに移行することができます。


◆テキスト等はすべてオリジナル

大原のテキストはすべてオリジナル教材で、本試験に向けた出題傾向を網羅した作りとなっています。


◆マンツーマンの質問体制

通学生においては、講師が職員室に常駐しているので、質問があればいつでもでき、
疑問点はすぐ解決することができます。

授業でわからないことがあってもマンツーマンで個別指導を行ってくれるので弱点等を補いやすく
わからないことをわからないままにすることもなくなります。

また、通信生であっても、電話やメールで気軽に質問することができます。

試験勉強をしてると、必ず出てくる疑問点。
この質問をしっかりと受け付ける体制は大原の大きな特徴でもあります。


◆欠席しても大丈夫!

講義を欠席しても欠席フォローがあるので、講義のカセットなどを貸し出してくれるので安心できます。

復習で、もう一回みたい時にも使えます。


◆学校法人ならではのメリットが。

他の大手資格学校は株式会社などがほとんどですが、大原は学校法人ですので、
学割が使える場合があります。

これは電車通学をする場合などは大変便利です。


◆全国にある学びの拠点

大原は大手資格学校らしく、全国主要都市に校舎があります。

通学する場合は大都市じゃないと受講できない、ということはなく、
地方の方でも生授業、専任講師に直接質問することができます。

都会に出ることなく、地元で勉強したいときはなど大変便利です。


申し込む

全国の簿記検定試験講座、専門学校をまとめて資料を請求できて、比較検討できます!

日商簿記検定試験講座を一括で表示する

Sponsored Link

サイトマップ

資格の大原 簿記講座
【資格の大原】
簿記検定合格を目指すなら

経理の転職者向け求人情報