簿記検定試験情報
  日商
(142回)
全経
(181回)
全商
(81回)
全産
(第98回)
名称 日商簿記検定 簿記能力検定 簿記実務検定 簿記能力認定
試験
日程
平成28年2月28日(日)
[2級〜4級]
平成28年2月21日(日)
[上,1,2,3,4級]
平成28年1月24日(日)
[1級〜3級]
平成28年3月6日
願書受付期間各都道府県の商工会議所によって異なります。お問い合わせください 平成27年9月28日(月)〜10月26日(月) 平成27年10月23日(金)〜11月4日(水) 実施する会場ごとに異なる。
受験手数料 1級:7,710円
2級:4,630円
3級:2,570円
4級:1,640円
上級:7,500円
1級会計:2,200円
1級工簿:2,200円
2級:1,700円
3級:1,400円
4級:1,200円
1級:1,000円
2級:1,000円
3級:1,000円
1級:2,000円
2級:1,500円
3級:1,500円

Sponsored Link
◆原価計算

原価計算とは、解かりやすくいえば、製品や役務の「原価」を「計算」することをいいます。

ですが、原価を計算することは、原価計算の中の一部であり、利害関係者や経営者などに対して、
財務諸表の作成するための製品減価データを測定し、集計し、報告したり(財務会計目的)、
企業内部の経営管理者へ、原価管理や予算管理、意思決定に必要な会計データを提供すること(管理会計目的)に大別されます。

要するに、製品原価も算定しますが、経営管理・分析等の目的も原価計算にはあります。


原価計算は工業簿記の一部に入っており、原価計算基準をもとに分類し、測定、分析等を行います。


原価計算の科目は、簿記検定において日商簿記1級全経簿記上級などに出題され、
上級レベルになると出題されるようになります。


◆原価計算の目的
原価計算の目的は、原価を計算することもありますが、次のような目的があります。
  • 財務諸表作成目的
  • 原価管理目的
  • 利益管理目的
  • 予算管理目的
  • 経営意思決定目的

◆原価の仕組み・構成図

原価の構成図


◆原価計算の種類

原価計算の種類としては、個別原価計算と総合原価計算に分けられ、
個別原価計算は、製造指図書をもとに受注生産する手法であり、
総合原価計算は、大量生産する場合に用いる手法です。


◆原価計算の手続

原価計算の手続には、費目別原価計算、部門別原価計算、製品別原価計算に分類されます。

費目別原価計算では、材料費、労務費、経費から製造原価を算出し、
部門別原価計算では、工程別、部門ごと分類・集計し、
製品別原価計算では、直接費は賦課、間接費は配賦し、製品ごとの製造原価を計算します。


◆原価計算の科目が出題される簿記検定

日商簿記1級日商簿記2級(工業簿記科目ですが簡単な原価計算が出題される)

全経簿記上級1級

全商簿記1級

全産簿記1級

全国の簿記検定試験講座、専門学校をまとめて資料を請求できて、比較検討できます!

日商簿記検定試験講座を一括で表示する

Sponsored Link

サイトマップ

資格の大原 簿記講座
【資格の大原】
簿記検定合格を目指すなら

経理の転職者向け求人情報